So-net無料ブログ作成

一週一鉄 -- 410 -- [ゆる鉄]

 --- 鶴見川のガーター橋を渡っていきます ---

DSC_2433-2.jpg

                      真冬の青空の下
                     鶴見川のガーダー橋を
                 ここの制限速度いっぱいの 120km/h?
                   快特が最高速で渡っていきます
                 すいません、いつものごとく お尻です

                  (京急本線/京急鶴見〜鶴見市場)





初めて、りんかい線の「新木場駅」に降り立ちました
 こちらが「りんかい線・新木場駅」の改札口  切符売場は、右側にあります
DSC_2483-2.jpg

 「りんかい線」の左横に「JR京葉線・新木場駅」の改札口が並んでいます
DSC_2482-2.jpg

 そして、画像正面に両駅を隔てる「駅事務室」(「りんかい線」と「JR京葉線」なかなか遠いのです)
DSC_2484-2.jpg

 京葉線のさらに左隣りには「東京メトロ有楽町線・新木場駅」の改札口があります
DSC_2486-2.jpg

              自分は、あわて者「降車せずに乗車が初めてだと、きっとアタフタしますネ」


 りんかい線・新木場駅のレールは、駅からさらに東進し階上を走る京葉線のレールと接続しています
DSC_2474-2.jpg

 新木場駅は、おおよそ3階建て、2階に「りんかい線」と「有楽町線」 最上階は「京葉線」
DSC_2473-2.jpg




見てきました、品川埠頭地下にある、りんかい線「品川埠頭分岐部信号場」
 京葉貨物線「台場トンネル」と呼ばれる場所です  ここで云う「京葉貨物線」とは....
 神奈川県川崎市の塩浜操車場(現在の川崎貨物駅)から東京都・千葉県の東京湾岸の埋立地を抜けて千葉県の木更津市に至る全長105kmの貨物路線として高度経済成長期に計画された だそうです
 この辺りの情報は「Reports for the future ~未来へのレポート~」に詳しく書かれております


(ここからISO感度 25600の世界となります)
 シールドトンネルに青シグナルと赤シグナル この先に、ポイントがあることになります(大崎方向)
  (「りんかい線」がATSで制御されているから、助かります ATCだと確認しずらい?)
DSC_2744-2.jpg

 少し進むと上り線へ渡るポイントがありました(「りんかい線」新木場行き方向が “上り” です)
  この場所から、速度制限 85km/hとなります(ATCだとこの表示も線路ぎわにありません)
DSC_2746-2.jpg

「台場トンネル」東京港の海の下は、沈埋工法ですが、品川埠頭下は、複線シールドで建設されています
  ここで「りんかい線」を右に分岐させるために、シールドを壊して長方形に加工したそうです
DSC_2747-1.jpg

 右が「りんかい線」本線下り線(大崎方面) 左に複線のシールドトンネルが見えます
  複線シールド、現在は 八潮車両基地入出庫線として単線のみの回送線運用となっている
DSC_2750-2.jpg


 品川埠頭の地図です  「Reports for the future ~未来へのレポート~」さんのHPから借用
   「京葉貨物線」“台場トンネル” は、ゆる〜いカーブを描いて南下していきます
   「りんかい線」の大崎方向は “単線シールドトンネル” の感じで描画されております
    JR東日本では、この「京葉貨物線」ルートを整備活用する、羽田空港アクセス線が計画されています
    と云うことで、ゆくゆくは、横須賀線「蛇窪信号場」のように活用される場所になるかも...
   (この近くを走る首都高湾岸線の「東京港トンネル」も沈埋工法で建設されております)
品川埠頭-2.jpg




 新木場駅のコンコースから見た、スカイツリー  (駅の北側、首都高湾岸線と国道357号が高架上を走っております)
DSC_2475-2.jpg


 新木場駅に降りた今日の目的地はこちらです 「夢の島熱帯植物館」
   いま花が盛りのキンカチャ、ドンベアと滝の裏を観察してきました
DSC_2508-2.jpg







                       本日も“トボトボ進行”にご訪問ありがとうございます


nice!(129) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 129