SSブログ

「信州 蕎麦ごのみ」 [ソバ本]

俊樹蕎麦 しもさか   ソバ喰い 第三十九弾

5134-2.jpg


「信州そば」長野県内の蕎麦屋さんの紹介本です なかなか、良く編集されています
 

    本の副題は、「スタイルで選ぶ お蕎麦屋さん。」
      紹介されているお蕎麦屋さんは、タイプ別で 105 店
         ○ モダンなそば屋    14 店
         ○ 古民家のそば屋    32 店
         ○ そば酒        19 店
         ○ 絶景に立つそば屋   19 店
         ○ そば会席         8 店
         ○ 家族そば       13 店

      そばのデータとして、「のど越し」「太さ」「もり汁の辛さ」を5段階で表しています
      当然のことですが、著者 山口美緒さんは、掲載105店、全てを食べ歩いたそうです
     (なぜか、黒姫から飯綱に移転した“ふじおか”が掲載されていません 移転で休業中だった?)





この本の帯には
  「信州で、おすすめのお蕎麦屋さんを教えて下さい」
     信州に住んでいると、この質問に出会う機会が多いそうです
     そして、蕎麦ごのみも十人十色なので、この本をしたためてみたそうです
     十人十色、自分に合った蕎麦屋さんが、ありますでしょうか?


 世のなか、信州そばが好きな人が多いようです
 たしかに、むかしから「そば」は信州だったような気がします
 いま、日本一のソバ生産処は、北海道です 平成21年の農水省の統計によると国内生産の37%を占めています
 広大な大地を利用して大生産しているようです でも、いわゆる「夏ソバ」です
 9月の終わり頃から東京の蕎麦屋さんが「新そば」として、そば好きを楽しませているのは、このソバです
 八ヶ岳産のソバ粉を主に扱う諏訪の高山製粉さんにも、この北海道産のものがいち早くリストアップされます
 日本は南北に長い地形なので「ソバ」は北から南へ順に南下して収穫が進んでいくようです
 本土では、10月以降にソバが穫れ始めていきます これが「秋そば」と呼ばれるものです
 これらは、11月終わり頃から、市場に出回り始めるようです 収穫は、とうぜん、最後は九州でおしまい
   漫画の「そばもん」単行本第3号の第23話に、
 年末 対馬で採れるソバが年明けに「新そば」として提供される話しが載っていました
 最近の風潮では、「新そば」よりも年を越しひねた方が、おいしいかも?と云うことになりつつあるようです
 話しが大きくそれましたが、生産量第二位が、長野県 だから、信州(長野)はそば処なのでしょう
 以下 山形、茨城、福井、福島、栃木と続きます 長野以下六県の総収穫量が北海道と並ぶそうです





 (この下、四枚は、「俊樹蕎麦 しもさか」の画像です)
5411-2.jpg
5414-2.jpg
     5407-2.jpg
     5416-2.jpg


   そこで、先週 駒ヶ根の帰り道、この本が紹介するお店を一軒訪問してきました
   今回、最初に、訪ねようと考えていた、伊那飯島町の“麗嶺庵”は、なぜか掲載されていません
      週休四日(金土日営業)だからでしょうか? (今日は、木曜日)

   本に載る105店から、蓼科にある蕎麦屋さん三軒をリストアップ 
   候補にしたのは、全て“モダンなそば屋”の範疇にあるお店
     ○ 「石臼挽手打そば みつ蔵」  蓼科高原 バラクラ イングリッシュガーデンの反対側にある
     ○ 「俊樹蕎麦 しもさか」    ここは別荘地の中、ご主人は下坂俊樹さん
     ○ 「蕎茶寮 いけ野」      ここも別荘地の中、洋風のお皿もあるようです

   時間があるので、諏訪ICからバードラインを横岳ピラタスに向かいました
   途中、10時前“みつ蔵”の前を通ると、店の横には、すでに何台もの車が停まっていました
   “みつ蔵”は、10時開店!早いのです♪ イングリッシュガーデンが道の反対にあるからでしょうか?
   バードラインをさらに上っていき、左カーブの右に“しもさか”の入口を確認(こちらは、11時半開店)
   まだまだ時間が早いので、そのままピラタスへと上っていきます(ピラタスは、35年振りです)


   今日は、15年前に、「そば」を意識して食べるようになってから、
              ちょうど(ようやく)150軒目の記念のお店となります
   きっと“みつ蔵”は、お客さんでいっぱいであると思い
    (最近、並んで食べるようなお店は、避けたいと思うようになっています 年です)
   今日は、いま(11時半)開店となる、“しもさか”によることにしました
   小雨降る中、先客が1グループおります、子ども連れで男女7〜8人剛毅な集団です
   ここは、“おしながき”を見ると、むかしの長坂の“翁”のように、せいろ一本です
    あとは、せいろの大もりと「そばがき」 大変シンプルです
   せいろ一枚 1,600円 大もりは、2,200円 そばがき 1,200円 (スゴい!日本一でしょうか?)
   話しのタネに、一度、食べておくのも勉強と思い、バードラインを左折しました

   おそばは、「本」に書いてあるとおり、自分からみると少し太めのそばでした
            (一般からみると、これが普通の太さ?)
   自分は、いつものごとく「細め」の江戸そば風が好みなので...(いまで云うと、東京前?となるかも...)
   値段が標準的?な そばがきは、やわらかく弾力があり、カミさんが「おいしい」と連呼しておりました
    (余談ですが、あきる野にある“蕎麦 よしの”のそばがきは、本当に好みに合っていました 絶品です♪)
   そばは、江戸風好みですが、そばがきは、固めなだけの江戸風は好みでは、アリマセン!
   店を辞する頃には、我々と前後する一団四組が去って「しもさか」に静けさが訪れていました
   この時間、混雑を察知して新しいお客は、やってこないのでしょうか?(なかなか、むずかしい)
   帰り道、あの“みつ蔵”は、小雨降る中、10人ほどが外に並んでいました
   目の前に、イングリッシュガーデンがあるので、仕方ないことなのでしょうか?






     5520-2.jpg
 駒ヶ根に行くと、毎年購入してしまう「信州そば」蕎麦屋紹介雑誌です 掲載店は多分毎年変わりません
    2009年版は、281店掲載 特集は「蕎麦屋で呑む、うまい酒」 (軽井沢の“川上庵”が載っています)
    2010年版は、330店掲載 特集は「変わりそばの魅力」    (木曽の“時香忘”が載っています)
    今年、2011年は、321店掲載 特集は「そばの旨さは名水にあり」 (「おひさま」が載っています)
    今年のものには、「割・地粉・そばの太さ」がおおよその店で分かるようになっています





     
       「俊樹蕎麦 しもさか」
          茅野市北山 4035-1026
           下坂 俊樹 氏
          ☎ 026-667-2682
          休み 不定休
          11時30分〜16時
          





         『信州 蕎麦ごのみ』 
           山口 美緒 著
           ISBN 978-4-7840-7173-9
           2011年8月10日 発行
           信濃毎日新聞社 発行
            1,470 円(税込み)
           2011年8月9日 購入









        みなさま、そば粉のご要望は、八ヶ岳産の信州そば粉を.....
        




        いつも、“トボトボ進行” ブログに訪問、本当に、ありがとうございます








nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 1

みうさぎ

本格的な蕎麦屋~
信州長野の蕎麦よりも
わたしゃ~あなたの傍がいい~(^^)v
てかっ~ルン~

by みうさぎ (2011-09-02 08:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。