SSブログ

よこかんみなみ 栄JCT・IC [横浜]

DSC_3567-2.jpg

  圏央道の一部である「横環南」 “栄JCT・IC” の建設現場を観察してきました
   “栄JCT・IC” に接続される「東海道本線」のオーバーハング橋が既に2本渡っております
   以下、“橋脚” 警備員さんに話しを聴いてまいりました
     橋は、これから、多分、あと4本 計6本の “橋” が渡ります
     いま載っているのは、今年、正月明けから本格的に工事したようです
     そのときは、橋を東側から迫り出して架橋したようです
     下を、東海道線・横須賀線・根岸線・東海道貨物線+分岐線1本 の9線が走ります
     次回の架橋は、お盆明けのようです その時は、クレーンで下ろす方式のようです
     真夜中、旅客列車より貨物列車の方が停止する時間が短いそうです
     “桂台”・“公田笠間”トンネルの両シールドマシンは、出水で手こずっているようです




 環状4号・笠間大橋から見た「オーバーハング橋」
  下の1番手前を走る単線は「東海道貨物線」の上り線 走る電車は「根岸線」です
DSC_3589-2.jpg
「東海道貨物線」から「根岸線」本郷台駅方面への分岐線、単線のオーバーハング線
 ゆえに、この部分は三段構造 走る線 35km/h制限です 橋から見るレールは、錆び付いておりました
DSC_3570-2.jpg
 大きな橋を安全に確実に渡すうえで、こんな大きな “構造物” が必要なのですネ
DSC_3571-2.jpg
 大きなコンクリート橋脚を “構造物” でサンドイッチしているように見えます
DSC_3511-2.jpg
 走るだろう道路の真下から... 「オーバーハング橋」の断面構造が分かります 
DSC_3527-2.jpg
 北西側からの眺めです よく見ると、橋脚は、大きなコンクリートの塊ですネ
DSC_3535-2.jpg
 オーバーハング橋地点から「栄JCT・IC」中枢部
DSC_3530-2.jpg
 Dランプ橋脚に打たれた「銘板」 この柱、ほぼ3年の工期です
DSC_3532-2.jpg


自分が公団のHP内の画像で「定点観測」にトライした場所です 環状4号線から数メートル侵入した畦道です
DSC_3474-2.jpg
 脇には、小さな “トウモロコシ畑”
DSC_3494-2.jpg
DSC_3498-2.jpg
DSC_3500-2.jpg
 ここでは、田んぼに水が張られております(田植えの時期は、過ぎている気がしますが...)
DSC_3501-2.jpg


 高所作業をする人が何人か確認できます  梅雨の前の最後の青空 仕事は、捗っていますよネェ〜
DSC_3504-2.jpg

 ランプ線が、高架をキレイにカーブして続きます
DSC_3533-2.jpg
    ここでは、現在の「一般道」の上を長く弧を描いております
    DSC_3543-2.jpg
DSC_3544-2.jpg

 どこに埋められるのでしょうか... 大きなコルゲート管も山盛りです
DSC_3550-2.jpg

 “栄JCT” から、国道1号と接続する “戸塚IC” 方向(“よこかんみなみ” の終点?)
DSC_3552-2.jpg
  “戸塚IC” 方向から振り向きました 本線が真ん中を貫きます
DSC_3553-2.jpg

 工事脇の畑には、農作業をする “おふたり” が...
DSC_3557-2.jpg


 田谷交差点から「横浜湘南道路」側 奥が “藤沢IC” 方向 少し進むと、大深度シールドです
  こちらは、往復四車線の構造
DSC_3559-2.jpg

 田谷交差点から “栄JCT” 中枢部方向 奥が「釜利谷JCT」方面
DSC_3563-2.jpg
 ここからは、かなり密な構造が窺えます
DSC_3565-2.jpg



 カイ(櫂)の木のようです 笠間大橋の道路脇に植栽されておりました
  もし “カイノキ” なら、湯島天神の牧野富太郎博士が命名した別名「孔子の木(クシノキ)」です
DSC_3606-2.jpg






 すいません、今日は、時間切れ  統計説明文はおやすみです



                本日も“トボトボ進行”にご訪問ありがとうございます


nice!(93) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 93

一週一鉄 -- 534 --一週一鉄 -- 535 -- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。