SSブログ

“がらめきの切通し” から...(前編) [散歩]

DSC_1064-2.jpg
                                     ここが “がらめきの切通し”


 いつものように “Googleマップ” を散策していると、国道16号の田浦付近に「切通し」を発見
    “がらめきの切通し” と記載されております 
  おもしろい “名” と思い、ヤブが濃くなる前にと思い、お昼を済ませて トボトボ と出かけました
  脇道を進んだ所からは「南郷公園」の桜が見えますが、まだ開花しておりません(既報)
  いつものように、ググってみても “がらめき” の意味は、分かりませんでした
  下を抜ける「浦郷トンネル」が、完成するまで、この “切通し” が、主要の道だったようです

いつもの “今昔マップ” さんから拝借   左の地図は、1896〜1909年
 青丸の地点が「がらめきの切通し」 旧マップでは “浦賀道” が南北に走っております
(現在の地図に、切通しから北西に向けて道があります(赤い小点)が、沢筋で歩行困難、道標もありません)
がらめき-2.jpg





本日の徘徊コース(京急田浦駅から追浜駅へ・“後編” は次回です)
taurahaikai-13.jpg



01 歩き出しは “京急田浦駅” 前を走るのは「国道16号」この辺りでは “横須賀街道” と呼ぶようです
 (ネットの地図の中には、横須賀辺りでも「東京環状」と記載しているものもあります)
  そして、道の向かいには “田浦警察署”(40年前、苦い思い出があります)
 (ちなみに、京急田浦駅と横須賀線田浦駅とは、直線距離で 1.4km 徒歩で 26分かかります)
DSC_1001-2.jpg

 “浦郷トンネル” 左が、昭和36年開通の “新浦郷(外回り)”(抜本的な対策が必要だそうです)
DSC_1005-2.jpg

02 ここを、今日の入り口としました(むかし、この左に “ねずみ捕り” の器械がセッテングされておりました いまも...?)
DSC_1007-2.jpg

 石段は、黄色い “カタバミ” できれいに飾られておりました
DSC_1024-2.jpg


右に建つ住宅の隙間に....
 花の咲き方を見て... トキワマンサク(常葉万作)かと思いましたが... 違いました
DSC_1009-2.jpg

 シキミ(樒) シキミ科シキミ属の常緑小高木
   かつてはモクレン科に分類されていた 本州の宮城県から沖縄にかけて分布し、山林に生える
   また、仏事に用いるため寺院などで植栽される 海外では、台湾、中国にも分布している
   樹高は2メートルから5メートルくらいである
   葉は長い楕円形で、長さは4センチから12センチくらいである
   枝先に集まってつき、互い違いに生える(互生) 短い柄を持ち、先は鋭く尖る
   葉の表面は濃い緑色で艶があり、裏面は灰色がかっている
   開花時期は3月から4月である
   花径は3センチくらいで、クリーム色をした細長い花びらが15枚くらいある
   実(み)は植物でただ1つ「毒物及び劇物取締法」で劇物に指定されている
   全体に香気があり、仏前に供えたり、葉や樹皮から線香や抹香を作ったりする
   また、材は数珠などにされる  俳句では「樒の花」が春の季語である
                                (いつもの「花図鑑」さんから....)

DSC_1011-2.jpg
DSC_1017-2.jpg
DSC_1018-2.jpg
DSC_1012-2.jpg



 こんな状態の「館」もありました(どこも多いですネ・神奈川県での空き家率、三浦半島、全般的に高いそうです
 (ほぼ1年前、うちのマンション最上階(7F)に住む単身の方が亡くなられました 2人の相続人は、相続放棄されたそうです)
DSC_1022-2.jpg

 いよいよ「山道?」突入 !! 寸前 !!
DSC_1026-2.jpg

 まもなく、今日の最初の “合流点” 右から、田浦警察署の少し先から入る “道” が合流します
DSC_1039-2.jpg


03 横須賀の高層建物4棟(解説は、別の地点で...)
 手前に映る赤い屋根は、船越町6丁目の「プリンスハイツガーデン湘南船越」(花の名前が付けられております)
   “カメリア館” “アカシア館” “チェリー館” “マートル館” “マロニエ館” “マグノリア館” “プラム館”
DSC_1044-2.jpg

 長浦港に屯する、海上自衛隊の “艦船” と “潜水艦”
DSC_1045-2.jpg

 こちらは、走水の高台に建つ「防衛大学校」 が奥に見えます
DSC_1046-2.jpg

 近くには「シャガ(著莪)」の花が並びます
DSC_1050-2.jpg

    そして、長いヒゲの「ウラシマソウ(浦島草)」
    DSC_1049-2.jpg



04 「がらめきの切通し」南側から...
DSC_1052-2.jpg

 ほんの数十メートルの小ぶりな切通しです
DSC_1053-2.jpg

 道標は 左 : 浜見台 奥 : 京急田浦駅 右 : 追浜駅
DSC_1059-2.jpg

ググってみると...  以下「ぐるこみ」さんから拝借
 「こんな所にこんな切り通しが」と思う程立派な切り通し 浦賀道の一部でもっと知られていても良いと思うのだが... “がらめき” の由来は、柄目木と言う「木」からとの説が有力だが、定かでは無いらしい 下を走る国道16号線のトンネルが出来るまで、生活道路として使用されていたが、今では地元からも忘れられた存在
  さらに、ググってみても、木の “ガラメキ” は、ヒットしません(新潟の地名がヒットします)
DSC_1069-2.jpg


 ちょいと、いっぷく
DSC_1073-2.jpg

 歩く道、コンクリートで強固に舗装?されております(追浜駅方面へ歩きます)
DSC_1074-2.jpg

    ときどき紹介する「貝山線」の高圧鉄塔が近くを走っております
    DSC_1079-2.jpg

 “京急” が開発した「シティ能見台」のマンション群  ここから 5.7kmです
DSC_1090-2.jpg

久しぶりに「円海山」のアンテナ群  ここから北北西へ 6.7kmとなります
  真ん中が “NHK FM横浜局” 左の赤白は “移動無線センター” 右のヤツは “東京ガス”
DSC_1091-2.jpg

 横浜都心部の方向(ここも解説は、別の地点で...)
DSC_1092-2.jpg

 ベイブリッジを確認できます
DSC_1095-2.jpg

    アレレッ、高圧鉄塔 なんだか大きく傾いている?
    DSC_1097-2.jpg


   05 “船越町4丁目” の山あいに下りて行きます  今日、2人目の遭遇 犬と散策の御仁です
    この場所は “京急本線・No.10トンネル” と “国道16号・浦郷トンネル” の中間あたりとなります
    DSC_1102-2.jpg


 十三峠(じゅうさんとうげ)給水塔(この地の標高は 133m) 最初は “田浦梅の里展望台” かと思いました
DSC_1106-2.jpg


 右下にある公園・湘南鷹取2丁目第5公園  白い花が満開、おそらく “コブシ” と思います
DSC_1111-2.jpg

 コンクリート舗装は、まだまだ続きます なぜか “道” から左に外れ上っていきます
DSC_1114-2.jpg


06 そして、コンクリート道の右側は、狭い畑地となりました
DSC_1117-2.jpg


 ここからは “南本牧ふ頭” の「キリンの群れ」です
DSC_1126-2.jpg

 さらに右手は “八景島シーパラダイス”
DSC_1127-2.jpg



 ここで、少し「大休み」 ヤマザクラでお花見です
DSC_1146-2.jpg
  余計なことですが... お花見をする ヤマザクラは、我が町、金沢区の “区の木” です
DSC_1150-2.jpg
DSC_1151-2.jpg
DSC_1157-2.jpg


07 頑丈な柵に囲まれた場所に到達 正面の緑の下に、路線バスも走るトンネルが走っております
DSC_1160-2.jpg

                    次回は “後編” 鷹取山の東を抜けて「追浜駅」まで帰ります






                        本日も“トボトボ進行”にご訪問ありがとうございます


nice!(102) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 102