SSブログ

新宿歴史博物館へ [遠出]

DSC_5328-2.jpg
                         新宿区立新宿歴史博物館(新宿区四谷三栄町12-16)

DSC_5338-2.jpg
         2階ロビーから、防衛省市ヶ谷無線鉄塔(通信鉄塔)建物部分を含め220mの高さがある


 今日は、今年2度目となる “田代 博 先生” の講演会
  都営新宿線 曙橋駅から徒歩8分となる「新宿歴史博物館」で行われました
  都営浅草線の「東日本橋駅」から徒歩3分かかる都営新宿線「馬喰横山駅」へ乗換え(徒歩連絡)
  下車駅となる曙橋駅は、急行通過駅です 途中、市ヶ谷駅で各停に乗換えました
  新宿線は、メトロ東西線と同じように東京都心を横断するように、東西に走っております
(地下鉄新宿線には、急行が走っております 他に首都圏で、急行運転して地下を走る路線は、メトロ東西線、副都心線、東急田園都市線、横浜市営地下鉄ブルーライン、東西線とブルーラインでの待避駅は、高架線上に作られておりますが...)


 田代先生の講演会、聴講は、これで4回目となります (以下に、関連する記事を載せてみました)
  初めてお会いしたのは 3年前の「地図ふぇす」 満面笑みの先生を撮らせていただきました
 20190226 第8回地理文化講演会 「富士山ココ」で広がる富士見の世界
 20181106 明治 150 年記念 第 51 回地図展2018 地図に映る明治の日本
 20180302 第5回 地理文化講演会「可視マップ」で探る東京から見える山々 〜 今、山座同定が面白い!〜 
 20180119 横浜市立中央図書館 第7回 地図で楽しむ「望岳都」-横浜からの山岳展望
 20161223 第17回「地図ふぇす」 地図と写真でみる『望岳都』東京
     再掲ですが、この時、展示されていた「東京から見える山々」(木暮理太郎 著)を持ち去ったヤカラがおります




 都営新宿線 市ヶ谷駅 急行から各停に乗換えます(軌間は、めずらしい 1,372mmです)
DSC_5298-2.jpg

 10両編成の東京都所有(10-300形 3・4・5次車)の急行電車がホームを出て行きます
DSC_5316-2.jpg


 下車した駅は「曙橋駅」 “曙橋” は、外苑東通りの陸橋で、下を靖国通りが走ります 
   靖国通りを東に向かい “合羽坂下” 交差点を右折して、坂を上っていきます
DSC_5320-2.jpg

    上る坂は “津の守坂(つのかみざか)” と呼びます
Wiki.には、江戸時代、隣地(荒木町周辺)に尾張徳川家の分家である美濃高須藩主・松平義行(摂津守)の上屋敷があったことに由来する
    DSC_5321-2.jpg

 辺りは「四谷坂町」(町が斜面の中にあるのでしょうネ)
DSC_5323-2.jpg

 こんなタイルも埋め込まれております
DSC_5324-2.jpg



 テカテカですが... 「新宿歴史博物館」玄関です
DSC_5334-2.jpg

    「測量×地図 測り・描き・守り・伝える」(企画展示室)
    DSC_5332-2.jpg


 博物館のHPには「サンクンガーデン」? と案内されている前庭です
DSC_5330-2.jpg

    庭園真ん中に「(タカトオ)コヒガンザクラ」 (新宿と高遠は、近しい関係です)
    DSC_5341-2.jpg



 階段踊り場に京都の地図 4葉 × 2組
  左は、昭和の御即位記念地図「京都近郊」 右は、大正の御即位記念地図「京都近傍図」
   (令和の天皇陛下御即位記念で日本地図センターが「復刻版」として発行しました)
DSC_5335-2.jpg


 床には、平成31年4月4日の「東京主部」空撮画像(国土地理院撮影)
  手前が北方向 一番奥に「新国立競技場」のま〜るい屋根を確認できます
DSC_5339-2.jpg



 新宿と云うと「小田急ロマンスカー」? (B1階「ホワイエ」の展示物)
DSC_5345-2.jpg

 小ざっぱりした? 運転席に侵入することができます
DSC_5413-2.jpg

 左は、フルスケール 750Aの電流計 右は、Max 150km/hの速度計でした
DSC_5414-2.jpg

 ロマンスシートには、無料で着席できます (お弁当を拡げては、イケません!!)
DSC_5343-2.jpg



講演会参加チケットを使い、B1階の「常設展示室」に侵入します
(講演会の受付は、30分前からとなっておりますが、チケットを使い「常設・企画展示室」を見学できます) ←少しおかしい対応
 「常設展示室」は、原則撮影禁止(ジオラマ展示4ヶ所だけ、カメラを使うことができます)

 最初のジオラマは、江戸時代の「内藤新宿模型」
 「内藤新宿」の南側一帯は「信濃高遠藩内藤家の下屋敷」 現在の「新宿御苑」となります
DSC_5349-2.jpg
DSC_5346-2.jpg
    DSC_5348-2.jpg
DSC_5351-2.jpg
DSC_5354-2.jpg
DSC_5359-2.jpg



 ジオラマ2番目 「蔵造り建築・江戸時代の商家(荒井谷)」
DSC_5364-2.jpg
DSC_5365-2.jpg



 ジオラマ3番目は「新宿駅前のチンチン電車」(ここも “写真スポット” 「安全地帯」です)
DSC_5375-2.jpg
DSC_5376-2.jpg
DSC_5370-2.jpg



   ジオラマ4番目では「文化住宅の生活」が紹介されております
   (「主婦の友」昭和3年2月号「便利で住心地よい模範的な中流住宅」を参考としている)
    DSC_5389-2.jpg

「茶の間」が再現されております (昭和の初めです「国防婦人会」と「千歳飴」が見えます)
DSC_5381-2.jpg

 サンマ、サンマが食卓に上っております 「一匹」「一匹」「頭の半身」「尾の半身」
DSC_5383-2.jpg

 台所の一角 おいしそうなサツマイモと、笊の中には、クリとマツタケ(ですヨ)
DSC_5382-2.jpg

 玄関は「三和土(たたき)」で仕上げられております
DSC_5387-2.jpg

 小規模な和風住宅の玄関脇に洋間の応接をつけた「文化住宅」が流行していた とのことです
DSC_5390-2.jpg




ここから「企画展示・近代測量150年記念「測量×地図 測り・描き・守り・伝える」
  今日、聴講するのは、この “企画展示” の特別講演 3弾目となります

  こちらの展示は、撮影okなのですが、なかなか写すものがありませんでした
    「電子基準点」 これからは “三角標石” で無く、コヤツの出番でしょうか...
     (まだ、現地にある “本物” を見たことがアリマセン)
    DSC_5398-2.jpg

 明治16年測量「東京中部」1/5,000 の地図(“宮城” の大部分は、白地図状態です)
DSC_5405-2.jpg

   上図の銅原版です “陸軍参謀本部” の手によるものです
DSC_5406-2.jpg

 展示室の奥のコーナー 「基本 国地院」の赤白の旗がなびいておりました
DSC_5408-2.jpg



 これは、受付前の床下に這っておりました ステレオめがねで「日本全土」を立体視することができます
DSC_5410-2.jpg




 (講演聴講前、腹ごしらえに行きました) 今日の昼餉は「立ち食いそば 」 
DSC_5397-2.jpg

 いつもは「かけそば」なのですが、お店の売り?の “特選かき揚げ” と “紅生姜天” をトッピング
 少し割高(かけそば : 350円)だからでしょうか.. “おそば” は、大変おいしかった(これでかけ汁が江戸風だったら...)
   (注文をうけてから揚げる “天ぷら” は、意外にも、自分には、合わない感じでした)
DSC_5393-2.jpg

   多くの “TVドラマ” のロケが行われているそうです(おそばが、おいしいからでしょうか...)
    これは「時効警察」 店の中には “二階堂ふみ” のポスターが貼ってありました
    DSC_5396-2.jpg




 講演が始まります (カメラ禁止と掲示されていました 画像は、これ1枚だけです)
DSC_5421-2.jpg

    特別展記念講演会
     ◇教室名    特別展記念講演会3「新宿から見る富士山と地図を巡る話題」
     ◇開催日程   令和元年11月02日 (土)
     ◇開催時間   14:00 ~ 16:00
     ◇会 場    新宿歴史博物館
     ◇受講費用   500 円
     ◇講師氏名   田代 博(日本地図センター相談役)
     ◇定 員    100 名 (多数抽選)※新宿歴史博物館メンバーズ倶楽部会員・区内在住の方優先
    DSC_5423-2.jpg
     (講演会の内容は... 左下の「QRコード」で pdf ファイルを開くことができます)



 講演は、無事終了しました、防衛省のタワーは、夕陽を浴びている時刻です
DSC_5424-2.jpg






                        本日も“トボトボ進行”にご訪問ありがとうございます


nice!(97) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 97

一週一鉄 -- 453 --一週一鉄 -- 454 -- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。