SSブログ

獅子舞の紅葉・2018 [鎌倉]

DSC_1082-3.jpg
DSC_1095-3.jpg
DSC_1089-3.jpg
DSC_1084-3.jpg

  今年も遅刻してしまいましたが、鎌倉 獅子舞の紅葉 (2年前は、綺麗でした[ムード]
     今年の鎌倉の紅葉は、あまりキレイでないと云う評判のようで、忘れていた感がありました
     天候がままならない時期でした、自宅で昼餉を済ませ、雲が目立つ中バス停へ急ぎました
     いつもの鎌倉駅行き京急バス、30分に1本ですが、定刻より5分程の遅れでやってきました
     朝比奈バス停のさきから先頭席に座ることができました、いつものように運転手さん観察です
      ◯ 朝比奈峠を過ぎると、その後は「排気ブレーキ」のレバーを入れたままでした
      ◯ 十二所神社のバス停を発進するときは「3速ギア」でした(通常は「2速」です)
      最近の運転手さんは、みなさん気を使って上手に仕事されていると思います
   (大むかし、川崎の2国の交差点で、最後部の席から真ん中過ぎまで吹っ飛ばされた経験があります)
      と思いつつ、下車する「杉本観音」のバス停に到着(PASMOで 258円です)





 「杉本観音」バス停を下車し第二小学校の小道に入ると「café kaeru」(今日は close)
DSC_1019-3.jpg

 「1軒如何!!」 宅地がまとめて処分されたようです、6軒分ほどの更地となっておりました
DSC_1020-3.jpg
    鎌倉のサルスベリは、もう冬の景色、とても寒そうです
    DSC_1023-3.jpg

 大塔宮の裏手、全面通行止にして舗装工事中 ハイカー?は、横をすり抜けて行きます
DSC_1024-3.jpg

 いつもの平山邸のモミジ  人の気配は感じられませんでした
DSC_1033-3.jpg

    平山邸の背後、二階堂川が流れております(二級河川、滑川の支流、獅子舞の谷が源流)
    DSC_1039-3.jpg


 整備が進んダ、「永福寺跡」の公園、ハイカーが行き来しています
DSC_1046-3.jpg

 池の畔には、団体さんも散策しています
DSC_1047-3.jpg



 国指定史跡 永福寺跡の案内板(“えいふくじ”で無く“ようふくじ”と読むのでした !!)(京都は“えいふくじ”)
  Wiki.の表記を転載すると.... 永福寺は鎌倉時代初期、源頼朝が中尊寺の二階大堂、大長寿院を模して建立した寺院で、鶴岡八幡宮、勝長寿院とならんで当時の鎌倉の三大寺社の一つであった 二階建てであった事から二階堂とも称された 現在、永福寺跡周辺が「二階堂」と呼ばれているのも、この建物が由来となっている
DSC_1052-3.jpg

 その “ようふくじあと” の色付きです
DSC_1055-3.jpg


 ここは「字 亀ヶ渕」 左へ行くと獅子舞(lion dance) 右へ戻ると大塔宮(kamakuragu)と書かれております
DSC_1056-3.jpg

 枯れ木も山の賑わいです(旧いですネェ〜)
DSC_1058-3.jpg


    もうすぐです、獅子舞の入口は....
    DSC_1072-3.jpg


 ようやく、獅子舞の入口に到着です
DSC_1078-3.jpg

 遅刻でしたネ もう冬枯れ?
DSC_1086-3.jpg


 この辺りが「獅子舞の中核部(1)」 まだ、緑色の葉っぱもたくさん見えます
DSC_1098-3.jpg

 この辺りが「獅子舞の中核部(2)」 もう陽が当たらない時間になりました(今日は雲も多かった)
DSC_1103-3.jpg

 この辺りが「獅子舞の中核部(3)」 映る人たちは、しばらく楽しんで、ここから引返したようです
DSC_1110-3.jpg

 谷の上部に「獅子岩」を発見、何度か来ているのですが、初めて気が付きました
DSC_1115-3.jpg


 獅子舞の谷上部からの眺め 「天園のハイキングコース・建長寺」の方向と思います
DSC_1144-3.jpg

 獅子舞の谷には、イチョウの木もたくさん植わっております
DSC_1149-3.jpg

 今日の箱根山 真ん中が駒ケ岳  左が二子山、右が最高峰の神山(1,438m)
DSC_1157-3.jpg

 天園〜瑞泉寺ハイキング道、唯一、出会った人たち(追い抜かれてしまいました)
DSC_1165-3.jpg


 瑞泉寺の裏山となる錦屏山にある「徧界一覧亭」の夕景
DSC_1168-3.jpg

 瑞泉寺裏山付近からのマジックアワー(なにが山やら、なにが雲やら分かりませんが...)
DSC_1176-3.jpg



 「今日のおみや」関連です
   大塔宮(「おおとうのみや」と読むんですネ !!)の裏手で、いつもの出店(初めて購入しました)
「秦野産の落花生」と云う表示が気になり、殻むきを1粒試食しました
 自分が小さい頃、落花生は秦野産でした 長じて、千葉産を秦野産と称して販売していましたネ
DSC_1029-3.jpg

 いろいろのドライフルーツも販売しています(右手前は、茨城県産の“ほし芋”でした)
DSC_1030-3.jpg

    店主殿、「この赤い幟が無いと売ることができないんだヨ」と豪語しておりました
     (「かっぱ橋」では 取り扱っていないのでしょうね ?)
    DSC_1031-3.jpg

 殻付きの方を購入してきました (本当に秦野産? 残念、自分の舌では分かりません)  
DSC_1185-3.jpg






                       本日も“トボトボ進行”にご訪問ありがとうございます


nice!(117) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 117