So-net無料ブログ作成

文京シビックセンター へ [遠出]

DSC_9667-2.jpg
  新宿の高層ビル群の向こうに富士山がどうにか見えております (左手前は “飯田橋ファーストタワー”)
  左側に、特徴あるシルエットの “パークハイアット東京” と西新宿2丁目の “KDDIビル” が並びます
  その後ろに薄く見える山は、丹沢の最高峰 蛭ヶ岳(1,673m)となります
  展望室から富士山剣ヶ峰まで 距離 100.6km 方角 西南西 (247°)となります数字は「富士山ココ」から...



 文京シビックセンター25階「展望ラウンジ」 をトボトボ訪ねました
    開館時間 : 9時00分 〜 20時30分(無料なのですヨ!!・三脚は不可)
    以下、シビックセンターHPによる解説です
  文京シビックセンター25階の東・西・北側は、展望ラウンジとして公開されています 展望ラウンジの高さは、地上約105メートルです 東側には東京スカイツリー、西側には新宿副都心と富士山、北側には筑波山等を望む大パノラマが広がります また、南側には展望レストランがあります

  (ここで、ほんの少しだけ自分の感想を...)
     ここの欠点は、南側が展望レストラン、東京湾、横浜方面が「有料」となります
     富士山、開業当初は展望レストランからも見えていましたが、いまは見えなくなった?
     (平成22年 “住友不動産飯田橋ファーストタワー” が竣工、展望をジャマしている?)
     レストラン(椿山荘が運営)の東寄りからは見えそうですが....(確かめる勇気はアリマセン)


  11月2日(木) トボトボと「2018地図展」を見るため、金沢文庫から赤い電車に乗車しました
   「地図展」を楽しんで、隣りの「国土地理院」にも寄って、それから…. いくつか候補がありました
   あまりにも天気が良いので、もしかしたら遠い山が見えるかと文京シビックセンターに向きを変えました
   品川で後続に乗換え、三田で西高島平行きに乗換え15分 春日駅で下車しました
   改札口からおよそ10分(地下通路は分かりにくいです)シビックセンターのエレベーターに乗込みました
   いくら天気が良くても、いまの時期では、遠くは無理と理解していますが、冬の季節へのロケハンです
   関東平野周辺の山を見るには適している感じですが、富士・南ア方面は、多くのビルがジャマしています
   南アを確認するには、三軒茶屋の「キャロットタワー」ですネ(でも 塩見しか見えないようです)
   (でも、南アを展望するなら、一番遠〜くビルが邪魔する「タワーホール船堀」かもしれません)




 ここは「春日駅」 文京区は春日局ゆかりの場所が多いようです、9ヶ所紹介されております
DSC_9647-2.jpg

 地下鉄春日駅からの「シビックセンター」入口 通勤時間帯は人でいっぱいでしょうネ
  (都営地下鉄大江戸線・三田線 春日駅 文京シビックセンター方面出口からおよそ徒歩3分)
DSC_9652-2.jpg

 文京シビックセンターは、文京公会堂の跡地に1999年11月に完全竣工 地上28階・地下4階、高さ142m 東京23区の区役所の中では(庁舎単体では)最も高い建物である 中でも高速シースルーエレベータ10基があるのが最大の特徴である (Wiki.のコメントから...)
DSC_9653-2.jpg

    エレベーターホールにたどり着きました、ここは地下2階 展望室は25階となります
    DSC_9658-2.jpg

 高速エレベーター上昇していきます  区役所です、各階、みなさま鋭意奮闘中のようです
DSC_9663-2.jpg
    シースルーエレベータです しかも高速だそうです
    DSC_9760-2.jpg

    展望ラウンジに到着しました  国土交通省の選定証「関東の富士見100景」
      (国土交通省 関東地方整備局「富士見100景」 のHPは こちらとなります)
    DSC_9685-2.jpg




では、展望ラウンジ 西から右回りに半周の大展望を楽しみましょう[ムード]

 眼下には 東京ドームの右隣りに緑広がる「小石川後楽園」 (入園料 自分は 150円のようです)
  左奥後ろに “六本木ヒルズ” が... 渋谷のビル群は、後楽園の後方に建つ “飯田橋サクラテラス” の後ろです
DSC_9679-2.jpg


左には “飯田橋プラーノ” “プラウドタワー” “飯田橋サクラテラス” の3棟が重なります 
 実は、さらにもう1棟 “パークコート千代田 富士見ザ・タワー” が隠れ、その右下には 外堀が見えます
 その4棟の後方には 建設中の渋谷駅前のビルも確認できます 右に見える茶系のビル2棟 “飯田橋ラムラ”
DSC_9677-2.jpg


 ”防衛庁“ の通信アンテナと ”NTTDocomo代々木ビル“ のアンテナの間に大山が見えます
  「塔マップ」さんでの記載は.... 陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地の鉄塔 と NTTドコモ代々木ビル
DSC_9684-2.jpg


 防衛庁の通信アンテナ塔の手前に “DNP市ヶ谷加賀町ビル” が重なっています(DNP : 大日本印刷株式会社)
    DSC_9794-2.jpg


  左下、東京メトロ丸ノ内線が茗荷谷の地下から地表に出てきました その横は 中央大学高等学校の校庭
    DSC_9774-2.jpg


 新宿方面を少しズームしました、鏡の画像から5分後、富士を覆う雲はさらに増えました
    “住友不動産飯田橋ファーストタワー”(ベルサール飯田橋ファースト)が大きいです
    “飯田橋ファーストタワー” 地上34階、地下3階 建物高さ 最高部149.60m あります
DSC_9670-2.jpg


 新宿副都心の高層ビル群をさらにアップしました(左の “都庁” から右の “住友不動産新宿グランドタワー”)
DSC_9675-2.jpg

 新宿副都心の高層ビル群  GoogleEarth で見てみました 富士山も添えて....
新宿ビル-22.jpg


GoogleEarth でもう1枚、東京駅周辺のビル群を東側から... 右側 JR線を挟んで「丸ノ内・大手町」のビル群が並びます
 東京湾からの海風が皇居方面へ流れるようにビルが建て替えられ 東京駅の上を通る「風の道」が作られました
    (「風の道」: 田代先生も出演したNHK高校地理で「良純くん」が解説していました)
東京駅-02.jpg
    「風の道」ググってみると...  国土交通省 国土技術政策総合研究所 の報告書がヒットしました


ググっていたら、こんな画像がヒットしました(20190828追記)
 1992(平4)年、およそ30年前の東京駅周辺
1992-12.jpg
                                     「ITmedia ビジネス」さんから借用
 2018(平30)年の画像 大丸東京店が営業していた「鉄道会館ビル」が解体されております
2018-12.jpg
                                     「ITmedia ビジネス」さんから借用



(ここから、もとの展望に戻ります・その1)
 中央本線が下っていく真西の方向 左に見える煙突は “杉並清掃工場”(高井戸駅近く)のものです
  後方に薄く見える山並みは、次の田代先生HPで確認しましょう (この画像より 少し?左を向いています)
  中ほどのビル2棟、北新宿 中央線の線路際に建ちます “ハンドレッド・ステイ東京新宿” “北新宿エヴァースペース”
DSC_9674-2.jpg

 冬になると、後方に薄く見える山並みの奥 白銀に輝く南アの荒川三山・悪沢岳(3,142m)が見えます
悪沢岳-2.jpg
                                     (田代博先生 HPより借用)


 遠く右に写る白いビルは “練馬区役所”
   展望室の案内板によると「奥秩父」方面 左側は、前衛となる「奥多摩方面」でしょうか....
   左手前にある半欠けビルは、文京区水道1丁目 “印刷博物館” が入る“トッパン小石川ビル”
DSC_9673-2.jpg


 ほぼ真ん中の煙突は “練馬清掃工場”  その右は練馬高松の “J.CITYビル”
  後ろの山並み、右に立つ三角は武甲山(1,304m)のようです 石灰岩採掘で鋭利が強調された?
DSC_9672-2.jpg


 “池袋サンシャインビル” の方向 隣りの “豊島清掃工場” の煙突が目立ちます 左下は大塚駅に向かう春日通り
DSC_9686-2.jpg


 緑の杜は “小石川植物園” その森の遥か彼方に埼玉新都心のビル群が並びます
DSC_9688-2.jpg
 ズームアップしました、高層マンション2棟のはるか奥に埼玉新都心のビルです
DSC_9692-2.jpg


左 “文京グリーンコート” 右 “東洋大学白山キャンパス” その間 奥に“埼玉スタジアム” その前には外環道が...
  “文京グリーンコート” Wiki.を見ると....
 旧理化学研究所→科研製薬工場の跡地に建てられており、センターオフィス棟には現在も科研製薬の本社、関連会社、労働組合が入居している
DSC_9695-2.jpg


 首都高速中央環状線(C2)の「五色桜大橋」(事業中は仮称 荒川アーチ橋) 右方向が 江北JCT
DSC_9689-2.jpg



「少 し 眼 休 め で す !!」
 筑波山 が確認できるでしょうか... 首都高C2中央環状線脇の 赤白アンテナ塔 の奥に見えます
 (「塔マップ」さんによると... この塔は、北千住線 19号・KDDI CDMA本木局 となっております)
DSC_9696-2.jpg

 上の画像を大トリミング 矢印に、筑波の山頂が見えます(確認できた方は、良いディスプレィですネ)
    (見えない方は、ディスプレイから離れて心眼をお使いください 見えてきますヨォ〜[ムード]
  双耳峰の筑波山、文京区から北北東へ 66km、左が男体山(標高871m)と東側の女体山(標高877m)
DSC_9696-3.jpg




(ここから、もとの展望に戻ります・その2)
 “東京国立博物館” その左手前に緑青色のドームを持つ“表慶館” が... 左下隅には 東大の“安田講堂”を....
  右手前に見える高層マンションは不忍池の北西に建つ 地上38階・地下2階 最高部高さ136.50mの “ルネッサンスタワー上野池之端”
DSC_9694-2.jpg



 スカイツリー 634です   ここから、東へ 5.2kmです
DSC_9720-2.jpg
    DSC_9719-2.jpg




 御茶ノ水駅の方角、真ん中あたりに “順天堂大学” と “東京医科歯科大学” のビルが並びます
  右側の赤白のアンテナ 順天堂大学 国際教養学部 センチュリータワー「順天堂大学11号館」となります
DSC_9701-2.jpg


「文京シビックタワー展望室」東側の限界です  (ここでは、窓枠にジャマされてしまいました)
 南南東の方角 奥に見えるのは 大手町のビル群 手前には 神保町の “三井ビル” “トウキョウパークタワー”
  左手前には “住友不動産猿楽町ビル” そして “三省堂書店 本社”「大辞林」の広告塔も....
DSC_9700-2.jpg




   「シビックセンター」の隣りは「後楽園遊園地」 (アレッ、少し旧いでしょうか....)
     みなさま  ちょこっと、遊んでいってくだされ
    自分は こちらです ビッグ・オー (利用料金 820円 どなたでも楽しめます)
    DSC_9702-2.jpg
DSC_9708-2.jpg


   サンダードルフィン みなさまは、こちらをお楽しみください(1,030円 身長 130cm以上)
    DSC_9742-2.jpg
DSC_9751-2.jpg
    DSC_9799-2.jpg
DSC_9846-2.jpg
    DSC_9865-2.jpg




最後は、幸田文ゆかりの“ハンカチの木” 秋だから「実」ですが....
 展望室で遭遇した少しおもしろいオジサンが、シビックセンター横の公園にあると教えてくれました
 ここは文京区「小石川植物園」の超有名な “ハンカチの木” がありますからネェ〜
DSC_9813-2.jpg
DSC_9814-2.jpg



このあと、お昼を軽〜く済ませて 今日の目的 “千代田区役所「2018地図展」”へ
 後楽園駅、丸ノ内線でなく南北線に乗って ひと駅、飯田橋駅で東西線に乗換えて ひと駅、九段下駅で下車
   (南北線は地中深く、東西線は 乗換えが遠かった)
  南北線 後楽園駅  東京メトロ 飯田橋駅  Wiki.をみてみると....
 南北線は地下6階に島式ホーム1面2線を有する地下駅 ホームの深さは地下37.5mで、東京メトロの駅では千代田線国会議事堂前駅(地下37.9m)に次いで深い 南北線の線路は、本駅のすぐ南側で東京ドームの直下を通過している
 東西線のホームは目白通り、有楽町線と南北線のホームは外堀通り、それぞれの地下に設置されており、JRの駅を挟んで徒歩5分程の距離がある そのため、東西線と有楽町線・南北線は改札が別になっており、乗り換えの際は一度改札を出る必要がある そのため、改札口付近で乗り換えに関する案内放送が流れている


 たしかに、南北線 「東京ドーム」の 真 下 を通過しています
東京ドーム-2.jpg


(最後に、また自分の感想)“ビル名”の確認は、いつものように ほとんど GoogleMap にお世話になりました
     (そのなかで、ビル名の頭に“住友不動産”と書かれた建物が多くありました 少し気になりました)







                       本日も“トボトボ進行”にご訪問ありがとうございます


nice!(122) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 122