SSブログ

“ささ切り”  寿徳庵の「香りそば」(15枚目) [ソバ喰い]

0012-2.jpg

「夏至」を向かえ、もうすぐ七夕なので香りそばは、“ささ切り”です   “まっちゃ”より少し薄い色合いです
   みなさま、お星さまに願いごとを..... (ワールドカップ四強は、もう手遅れですが...)
   さらしなそばに、ささの粉が、打込まれているようです

   次の二十四節気は、「小暑」です 梅雨のなか、暑さが、本格的になります
       みなさま、体をいたわり、物事に励んでください 香りそばは、“レモン”に変わります




0009-2.jpg

二十四節気の「夏至」とは.....  いつものように、Wiki.によると.... 
 一般的な定気法では、太陽黄経が90度のときで6月21日ごろ 恒気法では、冬至から182日目で6月22日ごろ
  日本の大部分では梅雨のさなか 北半球では一年中で一番昼が長く夜が短い日
 『暦便覧』には「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」と記されている







0008-2.jpg


 最近、購入したソバ本二冊  「蕎麦手帳」と「そばもん 4」

 「蕎麦手帳」 著者は、TGそばの会の太野祺郎さん  (TGとは、東京ガスのことです)
  太野さんは、そば喰い名人?です 全国数千軒の蕎麦屋を食べ歩いているそうです
    (ちなみに、“山や”でもあり「日本三百名山」を踏破しているそうです)

  とうぜん、この本では、北海道から九州まで蕎麦喰い行脚しています
  表紙の帯の写真は、神田駅近くの「室町砂場」
   東京の老舗系では、ここ「室町砂場」と「神田まつや」の二軒が.....
      我が家の近くでは、葉山の「恵土」が紹介されています
           


  太野さんが、書いた本の購入は、これで六冊目! 大変、お世話になっています
    「蕎麦の蘊蓄」「蕎麦万華鏡」「蕎麦曼荼羅」「おいしい蕎麦を探す」「蕎麦の極楽」
  「蕎麦曼荼羅」の中では、著者の蕎麦の好みとして、
     おいしい蕎麦とは、『水や塩で食べられるような十割蕎麦』と....
     また、蕎麦は、昭和の名人片倉友蕎子が云ったように
       「一種ざらつくような感じを残しながら滑るような、
            口中のぬめりや汚れをこそげ落としてくれるような爽快感」がなければならない  
 
   友蕎子のこの言葉、最近、やたら、いろいろのところで見かけるようになりました


    
  今号の「そばもん」の表紙は、温かい“おかめそば”です
   正統な“おかめそば”とは......    本文から抜粋しますと、
    大きめの島田ゆばが娘の髪型、その下の「寿司玉」と云う薄い玉子焼きは髪飾り、
        松茸は鼻を、二枚の蒲鉾が下ぶくれのほっぺたを表わすそうです --- たしかに!

     みなさま、こんど良くご覧になってから、おいしく、食べちゃってあげてください

 


      『蕎麦手帳』  
       太野 祺郎 著
       ISBN 978-4-487-80474-0
       2010年7月2日 第1刷発行
       東京書籍 発行
       1,365 円(税込み)
       2010年7月1日 購入



      ニッポン蕎麦行脚 4「そばもん」
       山本 おさむ 著   藤村和夫 監修
       ISBN 978-4-09-183217-7
       2010年7月5日 初版第1刷発行
       株式会社 小学館 発行
       540 円(税込み)
       2010年7月1日 購入


     



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0