SSブログ

鎌倉浄明寺の旧華頂宮邸 [散歩]

0113-1.jpg

旧華頂宮邸  以下“なぎさ”の文を盗用します。
 昭和4年に華頂博信(ひろのぶ・1905年〜1970年)侯爵邸として建設。15〜17世紀のヨーロッパの民家に多く用いられたというハーフティンバースタイルで建てられており、古典的な意匠が特徴。県内にある戦前の洋風住宅建築としては、鎌倉文学館に次ぐ規模を誇る。
 ○ 10月〜3月 10時〜15時  4月〜9月 10時〜16時
 ○ 月・火曜休み(祝日の場合は、開園、翌日休み) 年末年始休み
 ○ 無料で〜〜〜す
 ○ バス「浄明寺」下車、徒歩4分
 ○ 鎌倉市浄明寺二丁目6番37号
 ○ 連絡先 0467-61-3477(鎌倉市都市景観課)


  今日のトボトボ散歩は、鎌倉市浄明寺二丁目のの旧華頂宮邸です
  “きゅうかちょうのみやてい”と単純にそのままヨみます
  いつもの、京急のまちマガジン“なぎさ”10・11月合併号に掲載されていました
  通常は、前庭のフランス式庭園のみの公開ですが、この3・4日は、邸内の開放がありました
   (春と秋の二回開放するとのことです)

  我が家から、金沢八景発鎌倉駅行きの京急バスに乗車します
 「浄明寺」バス停で下車 逗子ハイランドに続く竹林の報国寺への道をさらに、奥へ2分ほど歩きます。



0123-1.jpg
0018-1.jpg
0051-1.jpg
0055-1.jpg
0047-1.jpg






0062-1.jpg
0069-1.jpg
0080-1.jpg
0088-1.jpg
0090-1.jpg
0097-1.jpg
0109-1.jpg
0111-1.jpg




0059-1.jpg
0114-1.jpg
0108-1.jpg





0118-1.jpg




 来春が楽しみです♪ フランス式庭園の脇に咲く?シダレザクラです♪
0040-1.jpg



2009.10.19追記
 本日、放映のTBSテレビ月曜ゴールデン 弁護士・高見沢響子「老人ホーム・・・」で、この館が登場しました
 まだ、フランス式庭園の芝生が真っ青の初夏の頃の収録です
     市原悦子が弁護士高見沢響子役です 家政婦ではアリマセン。



旧華頂宮邸



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0